ノーコードツール【Bubble】オプションセットの意味と使用方法を解説

オプションセットを使用すると、アプリのグローバルな選択肢である「オプション」の静的なリストを持つことができます。これは、ある変数に対してどのようなオプションが可能かを前もって知っている場合に最適です。例えば、曜日、配偶者の有無、特定のユーザーのチーム名などです。

オプションセットの作成

オプションセットの作成、更新、削除は、通常のカスタムタイプと同様に行うことができます。

Option Setがカスタムデータ型と同じ名前を共有している場合、予期しない動作が発生する可能性があります。たとえば、一方に残したメモがもう一方に表示されるなどです。

アプリ内のオプションセットは、アプリの構造の一部です。このことの1つの意味は、精通した部外者がアプリのオプションセット、そのオプション、およびその属性のすべてを見ることができるということです。アプリのオプションセットには、機密情報を入れないでください。

属性の定義

一度作成したオプションには、属性を追加することができます。属性はカスタムタイプのフィールドのようなもので、型と名前があり、各オプションからその属性にアクセスすることができます。すべてのオプション・セットに共通する属性として、Display 属性があります。これはオプションの名前を取得するもので、特にドロップダウンの中にオプションを表示させるのに便利です。

オプションの追加

次に、そのDisplayを入力して「Add option」をクリックすると、セットにオプションを追加することができます。一度作成したオプションは、”modify attributes “をクリックすることで、追加作成した属性を変更することができます。

オプションの使用

オプションセットは、通常のカスタムタイプを使用する場所ならどこでも使用することができます。これらはドロップダウンのために特に有用ですが、既存の機能を高速化し、可読性とグッドプラクティスを助けることによって、アプリケーションの至るところでさまざまな用途を持つことができます。

オプションを実際に使うには、いくつかの方法があります。一つ目は、新しいグローバルデータソースである “Get an option “である。これにより、アプリ内のどこからでも、オプションセットの任意のオプションにアクセスすることができる。また、特別な “All options” セレクションにアクセスして、すべてのオプションのリストを取得することもできる。必要なオプションを取得したら、その属性や表示値にアクセスすることができます。

さらに、Bubbleは選択肢をスマートに提案します。同様に、フィールドにオプションのリストが必要な場合(ドロップダウンなど)には、「すべて」の選択を一番上に持ってきます。

オプションとカスタムタイプとの比較

技術的には、通常のカスタムデータ型を使用して、オプションセットの多くの利点を得ることが可能です。しかし、いくつかの理由から、代わりにオプションセットを使用することをお勧めします。

・オプションはデータベースの読み込みが不要なため、より高速にアクセスすることができます。

・オプションセットは簡単に拡張でき、新しいオプションを追加したり、既存のオプションを変更したりすることができます。オプションの名前を変更すると、アプリ全体に伝搬します。

・オプションセットは使い勝手が良い。アプリのどこからでもアクセスでき、検索するよりもずっと簡単にアクセスできます。

しかし、カスタムタイプと比較して、いくつかの欠点があります。

・オプションにはプライバシー設定がありません。したがって、オプションの表示や属性の一つに機密データを入れないでください。

・新しいオプションを追加したり、既存のオプションを変更したりするには、アプリの新しいバージョンをプッシュする必要があります。これは、アプリが稼働している間に追加できる通常のデータとは異なります。

参考英語サイト

https://manual.bubble.io/help-guides/structuring-an-application/option-sets

参考英語動画サイト

aaaa