ノーコードツール【Bubble】Page Slugsの意味と使用方法を解説

“Page Slug “は新しい組み込みフィールドで、データベース内の任意のシング(エントリ)に割り当て、そのURLとして機能させることができます。スラッグができるまで、BubbleアプリのURLは常にそのモノのユニークなIDを指していました。

URLのSlug(スラッグ)とは

スラッグがない場合、あるものがページに送られたときのページのURLはこのようになります。

スラッグ値で「Scone」というのはこうなる。

Slugsを使えば、どんなものでも独自のカスタムURLを持つことができ、より短く、より検索しやすく、より記憶に残りやすいものになります。

アプリのインデックスページにThingが割り当てられている場合、そのページのURLは …
.com/index/[slug]です。… .com/[slug]とすることはできません。それは、そのURLがThingを持つインデックスページを指しているのか、それとも別のページを指しているのかを知る妨げになるためです。

Slug(スラッグ)の設定

スラッグ値は、データベースの新規作成時、または既存のエントリーの修正時に設定することができ、これはデータタブまたはワークフローで行うことができます。スラッグは小文字、数字、ハイフンのみを含み、250文字以下でなければならないことに注意してください。

データタブより

ワークフローから

データのアクションカテゴリのアクションの下に、[オブジェクトのスラッグを設定]があり、任意のオブジェクトに好きなスラッグを動的に設定することができます。

なお、スラッグの値は「Make changes to thing」では変更できず、コンセプトは似ていても「Set a thing’s slug」という別のアクションで設定することになります。

このアクションを使うと、任意のThingに対して動的にスラッグを設定することができます。上の画像では、リピーターグループの中にある商品のスラッグを設定しています。

スラッグを設定すると、そのスラッグのあるページに移動したときのURLは、上の例のようになります。

Slug order

バブルがこれからURLを設定する階層があります。

1.Page Slugs

2.URLのバックアップフィールド(旧:URLとして読み取り可能なフィールド)

3.Unique ID(一意ID)

スラッグが設定されている場合、そのスラッグがBubbleで使用されます。スラッグが設定されていない場合、Bubble はページに Backup フィールド(旧称 Fields Readable for URLs)があるかどうかを確認します。ページにバックアップ・フィールドがない場合は、一意の ID がデフォルトで使用されます。

Slugの重複

データ型が異なるものには、同じスラッグ値を持たせることができます。しかし、同じデータ型の2つのものに同じスラッグ値を持たせることはできません。試した場合、slug-1、slug-2、slug-3、…と追加されます。

Slugの条件文

また、スラッグでは、要素やワークフローで使用できる2つの条件式を利用することで、より細かい制御を行うことができます。

Can Have The Slug Value – この操作は、引数がThingの有効なスラッグ値であるかどうかをテストします。有効なスラッグ値は一意であり、小文字、数字、ハイフンのみで正しくフォーマットされたものです。

Cannot Have The Slug Value – この操作は、引数がシングに対して無効なスラッグ値であるかどうかをテストします。無効なスラッグ値とは、小文字、数字、ハイフンのみで構成されていないもの、または一意でないものを指します。

これらの条件文は、スラッグと既存の何かを比較する必要がある場合に最適です。例えば、ユーザープロファイルでは、ユーザー名がすでに使われているかどうかをチェックするためにこれらを使用できます。

Slugとプライバシーポリシー

プライバシールールが定義されているデータ型にスラッグを設定する場合、デフォルトの権限で “すべてのフィールドを表示” の “スラッグ” フィールドにチェックが入っていることを確認してください。これにより、あなたがページのURLに設定したスラッグ値が全員に表示されます。これがチェックされておらず、ユーザーがスラッグフィールドの閲覧を許可するプライバシールールの条件を満たしていない場合、代わりにURLのユニークIDが表示されます。

スラッグのフィールドがプライバシールールで非表示になっている場合(「他の全員にスラッグを表示しない」など)、アプリケーションはスラッグの元の用途を特定できないため、スラッグを重複して追加することができます。

Slug使用時のルール

1.特殊文字はスラッグフィールドに保存されず、空白として表示されます。(小文字、ハイフン、数字以外のもの)。

2.スラッグはリアルタイムに更新することができます。つまり、スラッグを使用しているページでスラッグを更新すると、自動的にURLが変更されるのです。

3.スラッグの長さは最大250文字です。

4.スラッグはすべての言語をサポートしています。もし、対応していない言語や正しく処理されていない言語がありましたら、support@bubble.io までご連絡ください。

参考英語サイト

https://manual.bubble.io/help-guides/structuring-an-application/page-slugs

参考英語動画サイト

aaaa