ノーコードツール【Bubble】とは?Bubbleの基礎を解説

Bubbleで構築できるアプリケーションの種類と、セキュリティ、プライバシー、所有権の仕組みについて詳しく説明します。

ノーコードツールBubbleとは?

Bubbleはプログラミングツールを使ってアプリケーションを構築し、クラウドプラットフォームがそれをホスティングして実行します。
アプリケーションの設計、構築、保守、拡張は、ブラウザからアクセスするアプリケーションエディタを使用して行います。ダウンロードするものは何もありません。Bubbleでアプリを作成すると、すぐにBubbleのクラウドインフラストラクチャにホストされ、どこからでもアクセスできるようになります。

Bubbleで作れるもの

Bubbleでは、Webアプリケーションを構築することができます。アプリケーションは、パソコンやタブレット、スマホのブラウザでアクセスすることができます。アプリケーションはデータベースを持ち、ユーザーはアカウントを作成したり、データを保存したり、データを取り出したりすることができます。Bubbleの強力なエディタは自由自在で、従来のプログラミング言語のように、決まった可能性はありません。異なるデータやロジック操作を組み合わせることで、非常にシンプルなものから非常に複雑なアプリケーションまで作成することができます。詳細な機能のリストには触れませんが、Bubbleは以下の機能をサポートしています。

・ユーザーアカウントの作成
・データの保存、変更、削除、取得。
・リアルタイムの更新
・APIを公開するあらゆる外部サービス(決済、データソース、認証プロバイダーなどを含む)への接続。
・画面の幅に合わせて調整するレスポンシブ・アプリケーションの構築。


Bubbleは、iOSおよびAndroid用のネイティブアプリをまだ生成していません。一部のユーザーは、両方のストアにアプリを正常にデプロイすることに成功しています。ネイティブファーストのソフトウェアを構築しており、Bubbleを使用したい場合は、まずウェブ版を1ページのアプリケーションとして構築し、その後ネイティブアプリに変換することをお勧めします。このプロセスは、他のユーザーも経験しているので、フォーラムが最適です。将来的には、この機能をコア機能に追加する予定ですが、まだそのスケジュールを約束することはできません。

Bubbleアプリケーションの例

スタートアップ企業、社内ツール、個人プロジェクトなど、何千ものウェブアプリケーションがBubbleで構築されています。Bubble は、すべてを代行してくれる 1 つのプラットフォームです。つまり、作りたいアプリを作るためにコーダーになったり、エンジニアのチームを雇ったりする必要はもうありません。

Bubble公式参考アプリケーションサイト:https://bubble.io/showcase

参考英語サイト

https://manual.bubble.io/new-start-here/the-basics

参考英語動画サイト

aaaa