【WordPress】インデックス登録とは?/ インデックス登録を早める方法も紹介(WebSub)

インデックス登録とは?

検索エンジン(Google等)が更新されたホームページやブログを認識して、データベースへ登録することを「インデックス登録」といいます。

いくらホームページの更新やブログ記事を投稿しても、検索エンジンに更新を伝えてインデックス登録を行なってもらわなければ、いくら経っても検索結果のそのページが表示されません

Googleサーチコンソール内の「サイトマップの送信」、「インデックス登録のリクエスト」
この2種類がwebページの更新をGoogleに知らせるための基本的な手段でした。

しかし、長期間「インデックス登録のリクエスト」をGoogleが停止することがあります。

インデックス登録のリクエストが停止している

インフラ環境整備のために一時停止をすることがあります。

サイトマップの登録だけではインデックス登録が遅いので何とかしたい

「インデックス登録のリクエスト」が停止していても、サイトマップの送信さえ行っていればGoogleのクローラーはサイトの更新を見つけてくれて、検索結果に表示されるように登録(インデックス登録)してくれます。

しかし、「サイトマップの登録だけではインデックス登録が遅い」と感じたことのある人が多いと思います。

大量のページ更新があった時サイトマップの再送信(反映が遅い印象がある)

新しいブログの投稿等、小規模更新インデックス登録のリクエスト(反映が早い印象がある)

という感じで使われていましたよね。

上述した通り、基本的にはサイトマップの登録だけ行っていれば基本的にOKなのですが、

少しでもインデックス登録が早くなる可能性があるなら実践したい!という声があるので今回の方法をご紹介します。

「インデックス登録のリクエスト」は一時停止しても必ず復活しますが、いつまた停止されるか分からないので、この方法を覚えておくと役に立つかもしれません。

“WebSub/PubSubHubbub”というプラグインを使います

WebSub/PubSubHubbubというWordPressプラグインを使っていきます。

これは、Googleの検索エンジンにサイトの更新をいち早く伝えてくれるプラグインです。

つまり、Googleへのインデック登録を早めてくれる可能性があるということです。

最新のiphone記事や、芸能ニュースなど、トレンド系ブログを運営している場合は効果てきめんかもしれませんね。

いち早いインデック登録はメリットしかありません。
丸パクリ対策、機会損失の減少などなど。

Step1.”WebSub/PubSubHubbub”プラグインのインストール

早速、いつも通りの手順でプラグインをインストールしていきます。

1-1.プラグインの新規追加

ワードプレスの管理画面からプラグイン→新規追加をクリックします。

1-2.”WebSub/PubSubHubbub”のインストール

右上の検索窓に「WebSub/PubSubHubbub」と打ち込むとプラグインが出てきます。

似たような名前のものがいくつかでてきますが、”WebSub/PubSubHubbub”をインストールしてください。

1-3.”WebSub/PubSubHubbub”の有効化

インストールしただけではいけません! 有効化をお忘れなく!

Step.2 “WebSub/PubSubHubbub”の設定

色々と初期設定が必要なプラグインが多いですが、この”WebSub/PubSubHubbub”プラグインは特に設定がいりません。

デフォルト状態のままで効果が発揮されます。


以上で”WebSub/PubSubHubbub”のインストール、初期設定が完了しました。

あわせて読みたい

【WordPress】サイトを非表示、非公開にする方法(WP Maintenance Mode)

【WordPress】記事に自動で目次を付ける方法(Table of Contents Plus)

aaaa