ノーコードツール【Bubble】テンプレートの作り方を解説!収益化も可能

テンプレートの構築

Bubbleのマーケットプレイスでテンプレートを販売することができます。テンプレートには、SlackやTinderなどの人気アプリケーションのクローンから、ログインやマルチステップフォームのコンポーネントを持つビルディングブロックまで、さまざまなカテゴリがあります。以下の手順で、他の人のためにビルドを始めることができます。

販売者としてのアイデンティティを明確にする

アカウントページの「マーケットプレイス」の下に「出品者プロフィール」という項目があり、投稿者プロフィールに表示する情報を選択することができます。ここには、あなたの名前、ロゴ、ウェブサイト、所在地、経歴、サポートEメールなどが含まれます。

テンプレートを bubble.io/templates で発見できるようにするため、販売者プロファイルをすべて記入することを忘れないでください。

また、テンプレートの売上金をいつ振り込むか、自分のテンプレートが購入されたときにメールを受け取るかどうかなどの設定も可能です。

報酬は毎月5日に自動的に支払われます。支払い基準を設定した場合、プラグインの売り上げがその基準を満たした場合、またテンプレートの売り上げがその基準を満たした場合、それぞれ支払いが行われます。例えば、支払い基準額が500ドルで、プラグインが600ドル、テンプレートが200ドル売れた場合、その月はプラグインに対する支払い、500ドルに達した翌月はテンプレートの売り上げに対する支払いが行われます。

重要:Stripeに登録するためのボタンも表示されます。マーケットプレイス作成者(出品者)への支払いはStripe経由で行われるため、支払いを受けるにはStripeのアカウントが必要です。コンプライアンス面は、直接Stripeとやり取りする必要があります。これには、身分証明書や税金の情報を提供することも含まれます。

お客様の国がまだStripeにサポートされていない場合、Bubble Marketplaceで販売することはできません。これには、インド以外のアカウントからインドベースのアカウントへの送金ができないなど、Stripeからの制限も含まれます。

*日本は対応しています

テンプレートの作成

bubble.io/my_templatesで、「新規テンプレート」を選択して開始します。テンプレートに名前を付け(後で変更可能)、テンプレート用に新しいアプリを作成するか、既存のアプリをベースにするかを選択します。既存のアプリを使用する場合は、データがなく、Hobbyプランである必要があります。

すべての知的財産権を所有していることを証明すること。テンプレートの知的財産は、テンプレート所有者の所有物です。テンプレートをライブラリに追加する場合、他のアプリケーションと同様に、Bubbleにサインアップしたときに同意した利用規定を遵守する必要があります。特に、テンプレートで使用しているデザイン、ロゴ、画像の権利は、お客様が所有する必要があります。

Bubbleで販売されているテンプレートは、デザイン、ロゴなどを含めて他のプラットフォームで販売してはいけません。

最後に、”Create template “をクリックします。これで、”My templates” の下に、bubble.io/home でアプリケーションが表示されるのと同じように、テンプレートがサムネイルで表示されるようになります。

これには、以下のアイコンが含まれます。

・Edit:これをクリックすると、テンプレートが開き、開発を続けることができます。

・Submit:When your template is finished, click here to submit to our team for approval to get published on the marketplace.

・Preview:テンプレートが公開されたら、ここをクリックして、ユーザーが購入できる公開詳細ページを表示します。

・Price:ここで、テンプレートのライセンスとその金額を定義します。

・Delete:一度公開したテンプレートは、その後マーケットプレイスから削除することができますが、基盤となるアプリは削除できません(そうしないと、すでにテンプレートを購入した人は、今後そのテンプレートを使用することができなくなります)。テンプレート自体を削除する場合は、こちらをクリックしてください。

マーケットプレイスのレビューのためにテンプレートを提出する

マーケットプレイスで公開される前に、Bubbleチームがすべてのテンプレートをレビューします。投稿する前に、マーケットプレイスのガイドラインを確認し、私たちが何を求めているか、どのように承認を得るかについて、より詳しい情報を得ることができます。

ガイドラインを確認し、投稿する準備ができたら、ロケットのアイコンをクリックします。テンプレートには、公開したい名前を付け、そのテンプレートの内容を詳しく説明してください。こうすることで、ユーザーは何を期待すればよいかを知ることができ、また、私たちのチームはレビュー中に何をテストすればよいかを知ることができるのです。

テンプレートのライセンスは、オープンソースか商用かを選択してください。オープンソースを選択した場合、購入者はMITライセンスの下でテンプレートにアクセスすることができます。Commercialを選択した場合、Individual CommercialとDeveloper Commercialの2つのライセンスがあります。個人ライセンスの場合、購入者は、内部ビジネスまたは個人的な目的で使用するアプリケーションでテンプレートにアクセスし、使用することができます。また、テンプレートが使用できるアプリケーションの数には制限がありません。各ライセンスの詳細な定義については、規約をご覧ください。

オープンソースとしてレビューされ承認された場合、コマーシャルに変更することはできませんので、提出する前にライセンスに自信があることを確認してください。

ライセンスを選択したら、テンプレートに最も適したカテゴリーを選択します。例えば、Facebookのクローンであれば、”Social “を選択します。

bubble.io/templatesに表示されるサムネイル画像用のスクリーンショットをアップロードしてください。内容に問題がなければ、”Submit “をクリックします。

これにより、あなたのテンプレートがBubbleチームに送られ、レビューが行われます。通常2~3日後に、私たちのフィードバックを含むレビューが終了した時点で、私たちからメールが届きます。テンプレートを送信した後、さらに変更を加えたい場合は、送信をキャンセルし、変更後に再送信する必要があります。

テンプレートの価格を設定する

オープンソースのテンプレートは無料ですが、コマーシャルを選択した場合、その価格を定義することができるようになりました。個人向け商用テンプレートライセンスでは、無料または3〜500ドルの価格を設定することができます。デベロッパー向け商用テンプレートライセンスは、10ドルから5,000ドルの間で価格を設定することができます。このポップアップでは、過去30日分の販売データをダウンロードすることもできます。

テンプレートを販売する場合、オーナーへの支払総額は、フェイシングバリューの75%です。なお、この料金体系は変更される可能性があります(ただし、変更が生じた場合、すでに公開されているテンプレートに遡って適用されることはありません)。

テンプレートのユーザーをサポート

テンプレートの所有者は、テンプレートを使用するユーザーから報告される問題を修正することを約束するものとします。テンプレートに問題があると報告され、対策が取られない場合、バブルはそのテンプレートをマーケットプレイスから取り下げる権利を有します。

ユーザーは、いくつかのレビュー、フィードバック、および質問を残すことができます(また、それを推奨します)。質問やサポート依頼への対応は、お客様の責任において行ってください。ユーザーからの問い合わせに対応しない場合(バブルチームに報告する場合)、販売者プロフィールの取り消しにつながることがあります。

参考英語サイト

https://manual.bubble.io/account-and-marketplace/building-templates

あわせて読みたい

ノーコードツール【Bubble】とは?Bubbleの基礎を解説

aaaa