ノーコードツール【Bubble】既知の問題とサポート対象外の事象を紹介

制限事項・既知の問題

以下は、アプリを構築する際に稀に遭遇する可能性のある既知の問題です。これらのバグは定期的に確認され、解決され次第削除されます

Bubble “dropdown” 要素はネイティブの HTML “” タグを使用しているため、一般に、拡張されたオプションのリストにスタイル(オプションの配置、境界線の丸みなど)を適用できません(これは CSS 全般の制限事項です – 詳しくはこちらをご覧ください)。代替手段としては、プラグインを検討してください。

スクロールバー

スクロールバーは、特に繰り返しグループの場合、ブラウザやデバイスによって微妙にデザインが異なることがあります。これは、Bubbleがスクロールバーの見え方をエンドユーザーのオペレーティングシステムとブラウザに依存しているためです。

旧型のハードウェア

Bubbleエディターは高速に動作するよう心がけていますが、古いハードウェア(2012年以前のミッドレンジノートPCや2010年以前のデスクトップPCなど)をお使いの場合、エディター使用時に顕著な遅延を感じることがあります。

プラットフォーム / ブラウザ

プラットフォームやブラウザの構成によって、完全にサポートされていないものがあります。これらは、あなたのアプリケーションのユーザーを考える上で、重要なことです。

Android (mobile)

・入力の通貨形式がサポートされていない

Safari (mobile)

・ページ再読み込みまたはデバイスを傾けるまでポップアップが表示されない。

・入力中にカーソルが数行ずれる

・開いたポップアップの後ろのページがまだスクロール可能

・Twilio Pluginのビデオチャットは、Safariモバイルのいくつかのクセにより正常に動作せず、回避することが困難です。通話が開始されると、通話中のユーザーは自分の声と姿しか見ることができませんが、Twilio はこの通話を成功した通話として認識します。

Safari 13+

Safari 13は、サードパーティのCookieがiframeリクエストに行くことを防止します。このため、Bubble アプリが iframe で実行されている場合、Bubble クライアントは帰属するユーザーの uid としてワークフローを開始しますが、Cookie がないため、サーバーサイドでは no_user として登録されます。この不一致により、残念ながらワークフローが正常に実行されません。 回避策として、設定>一般>プライバシーとセキュリティで「新規訪問者にクッキーをデフォルトで設定しない」を設定し、サーバーとクライアントの両方で匿名ユーザーであることを認識させるようにしてください。

Microsoft Edge

エクスプローラからブラウザにファイルをドロップすると、ブラウザの互換性の問題で期待通りに動作しないことがある

Firefox

Firefoxの設定「Firefoxを閉じたときにクッキーとサイトデータを削除する」を有効にした場合、FirefoxのlocalStorageの持続性にバグがあることが確認されています。Bubble アプリへの影響としては、特にクッキーと iframe を含む一部の動作が、この設定により Firefox 上のエンドユーザーにとって期待通りに動作しない可能性があります。最も顕著なエラーの原因は Stripe トランザクションで、アプリに正しくリダイレクトされない可能性があることが知られています。(これは残念ながらFirefoxのバグです。これは残念ながらFirefoxレベルのバグです。すぐに修正されることを期待して、状況を監視しています)。

なお、ブラウザによっては、それぞれ固有の不具合があります。Bubbleは、Bubbleアプリの動作がブラウザ間で一貫していることを保証しようとしますが、これは私たちのコントロールの及ばない場合もあります。
たとえば、アプリのユーザーが「戻る」をクリックすると、通常は「ページが読み込まれたとき」イベントが発生しますが、Safariではこの動作が許可されません。これは、Safariが、他のブラウザと比較して、「戻る」の動作について異なるパラダイムに従っているためです。

ブラウザのバージョンは、Bubbleアプリの全体的な信頼性において重要な役割を果たします。ブラウザのバージョンが古くなると、Bubbleの一部の機能が動作しなくなります。ブラウザにはバグが含まれており、その後の更新で修正されるため、ブラウザを最新バージョンに更新しておくことを強くお勧めします。

カスタムフォントの中には、OSやブラウザによって描画が微妙に異なるものがあります。これは、最も一般的には高さの違いとして現れ、要素のレイアウトに影響を与える可能性があります。

プラグイン互換性

プラグインはアプリの機能を拡張するカスタムコードの「ブロック」であるため、インストールされたプラグインはアプリがロードされるときにすべて同時にコンパイルされます。そのため、アプリにインストールされたすべてのプラグインは、同じ環境で共存できる必要があります。特にリソース名が類似している場合、プラグイン同士が衝突し、予期せぬ動作を起こすことがあります。プラグイン開発者には、ブラウザコードの共通部分を上書きしないように最善を尽くすことを強くお勧めしますが、必ずしもそうなるとは限りません。このような互換性の問題を事前に知ることは困難ですが、ランモードでプラグインコードを分離するシステムを実装するまでは、既知の互換性の問題をここで文書化することに最善を尽くします。

・AddToAny(バブル)およびSelectize Dropdown(サードパーティ製)

参考英語サイト

https://manual.bubble.io/help-guides/optimizing-an-application/limitations-and-known-issues

あわせて読みたい

ノーコードツール【Bubble】とは?Bubbleの基礎を解説

aaaa