ノーコードツール【Bubble】アプリケーションとデータの所有権は誰にあるのか? 

知的財産の所有権

基本的なルールは、自分のデータは自分で所有することです。これには、アプリケーションの設計や、ユーザーがアップロードするデータも含まれます(もちろん、ユーザーとの独自の契約に従って)。バブルが所有するのは、アプリケーションを実行するコードであり、これはアプリケーション固有のものではありません。これは、マイクロソフト社がMicrosoft Wordを所有しているが、それを使って書かれた本を所有していないことと似ています。

アプリケーションとデータのエクスポート

ユーザーが作成したデータを自動的にCSVファイルとして書き出すことをサポートしています。また、Bubble API を使用し、いくつかのスクリプトを記述することで、よりスケーラブルな方法でデータを自動で読み込むことができます。
BubbleアプリはBubbleプラットフォーム上でのみ実行可能であり、アプリケーションをコードとしてエクスポートする方法はありません。Bubble プラットフォームから移行する場合は、アプリケーション ロジックを再構築する必要がありますが、デザインのエクスポートはお手伝いできます。私たちは、あなたが望むなら、退社を支援するために最善を尽くします。しかし、私たちの目標は、Bubbleがお客様のアプリケーションとともに成長することです。JavascriptとAPIの統合により、システムのハードリミットにぶつかることはありません。専用プランでは、お客様のアプリ専用のクラスターを用意し、私たちが保守を行いますので、ビジネスの成長に合わせて他のBubbleアプリケーションから独立して拡張することができます。
最後に、私たちは、お客様が安心してBubbleプラットフォームで構築できるようにしたいと考えています。私たちは非常に長い間存続する予定ですが、ここに私たちの保証があります。

参考英語サイト

https://manual.bubble.io/new-start-here/application-and-data-ownership

aaaa